こんにちは。まことです。

☆ご訪問、応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

     





少し日が開いてしまいましたが、
一人旅の続きです。

開運一人旅。徳島編。

最高の景色と朝ごはんに満足

3日目の朝。

早くに寝たので夜明け前に目覚めました。
パーッと窓を開けると夜明け前の海。

DSC01421

DSC01423

DSC01426


DSC01428
早起きって気持ちいい。

ただただボーっと海と空を眺める。
こんな時間があることが優雅。

この後、朝風呂に行って、またゆったりとしていたら、
お風呂から日の出が見られました。

スッキリしたところで朝ごはん。


DSC01436
普段、朝ごはんは食べませんが、
旅先では時々。
豪華ー!
見るだけで食欲がでてきます。

DSC01437
窓際の席。

海を見ながら。
この景色もまた最高です。

体も心も健康になりました。

DSC01448
出発までちょっと海沿いを散歩。
海をこんなに近くで見るのはどれだけぶりだろう。
砂浜の踏み心地がとても心地よかったです。

さあ、そして、今回の旅の一番の目的に向けて出発。



夢の大塚国際美術館へ。

そう、今回の旅の目的は大塚国際美術館。
いつかは行きたい、でも行くなら丸一日をかけたい。
その夢を実現する日が来ました!

もうワクワクが止まりません。

DSC01451
着きましたー!
もう嬉しさ、喜び、マックスです!!

DSC01452
25周年なんですね。

やっと来れましたよー。


「大塚国際美術館」は、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大級の常設展示スペース(延床面積29,412㎡)を有する「陶板名画美術館」です。

館内には、6名の選定委員によって厳選された古代壁画から、世界26ヶ国、190余の美術館が所蔵する現代絵画まで至宝の西洋名画1,000余点を大塚オーミ陶業株式会社の特殊技術によってオリジナル作品と同じ大きさに複製しています。それらは美術書や教科書と違い、原画が持つ本来の美術的価値を真に味わうことができ、日本に居ながらにして世界の美術館が体験できます。
 
長いエスカレーターを登って、まず最初にあるのが
こちら。

DSC01453

DSC01455
システィーナ・ホール。

わーわーわー!!(心の声です)
もう、もうねー、圧巻の一言。
画像では伝わらない美しさと荘厳さ。
しばし座ってじっくり堪能しました。



DSC01519

DSC01520
ゴッホの7つのヒマワリ。

それが一気に見られるのもこの美術館だからこそ。
7つの実物のひとつが日本にあるというのも知りませんでした。

DSC01518
ソファーもヒマワリのデザイン。
可愛い。

DSC01489
最後の晩餐。

修復前を修復後が向かい合わせで展示されています。
それを見比べられるのも面白い。

DSC01601
ゲルニカ。

20代、スペインの美術館で実物を見て感動しましたが、
原寸大のこちらを改めて見て、
20年以上経って色々な経験をして見ると、
あの頃とはまた違う思いの気がします。

DSC01590
クリムトの接吻。

7qh9hcms
レオナルド・ダ・ヴィンチのモナ・リザ。

exr4s9y6
フェルメールの真珠の耳飾りの少女。

DSC01704
ターナー。



DSC01507
カフェが併設されていて、その庭には水連が。
モネの池。

DSC01517

そして、その名の通り、モネの大作が。

DSC01510

DSC01515
モネの大水連。

360度見渡せる。これも圧巻。

DSC01656

DSC01658
所々にあるベンチまでが美術品のよう。

地下3階から地上2階まであり、見尽くすには本当に時間が必要。
後は、歩き回る体力も。

一旦、ランチ休憩をとることにしました。
せっかくなので、外のお庭で。
地下2階のカフェ・ド・ジヴェルニーで。

DSC01659
モネの池を見ながらのランチ。

季節限定で変わるランチを。
名画に関するメニュー名になっています。

これはフェルメールランチ。
フェルメールにちなんで、オランダ料理のアレンジとのこと。
牛肉にデミグラスソースがかかっていました。

DSC01660

DSC01661

DSC01664
この景色を見ながらのランチ。

落ち付きます。

ただ、ハエがぶんぶん飛んでくるので
それを阻止するのに大変でした(笑


お腹も満たして、パワーも充電して、
さあ、午後の部。

ボランティアガイドがあるのを知り、
それにも参加。
約40分。
絵にまつわる話を知って見ると、より楽しめました。

平日だったので、混雑することもなく、
ゆっくり鑑賞することが出来ました。
閉館ギリギリまで堪能。

DSC01747
カフェ・ヴィンセント。

DSC01748
ここではアルルのゴッホの部屋を再現したコーナーがあって、
写真も撮ることが出来るのですが、
行く時間がなかった(涙

今回、十分堪能できたので、
次、また何年後、何十年後かに来るときに行く。
目標がまた出来ました。

本当に楽しかった。
やっと行くことが出来て感動しました。
いつか、いつか、と思うのではなく、
やはり行動をおこす!!
それで得られるものは本当に偉大でした。

楽しい旅も終わり。
またどこかへ行きたくなりました。
その計画を立てている間も楽しめますからね。

さあ、次はどこに行こう。




☆ご訪問・応援ありがとうございます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ  にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

     





★私のお気に入りの物を紹介しています。
わたしのROOM

















☆ブログの更新をお知らせいたします。

ぴったりライフ - にほんブログ村